∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

板チョコ挟んだパンを食べながら北海道の余韻に浸る

北海道ライブから昨日昼過ぎに帰ってまいりました。
目撃情報によるとヨコマルと同じ便だったそうで
そんな偶然がとても嬉しいけれど
帰ってきた翌日に知るこのぼんやりが
自分でも嫌いじゃないです。

初日のライブを見たので
早めに感想を書くべしだとは思うのですが
なんと言うか相変わらずこちらもぼんやりで
じんわり浸って体にじわじわ浸透してきているところで
それをパパッと言葉にできる器用さがなくて
せっかくブログを覗きにきてくださっている方がいるのに
本当に本当に申し訳ないです。

ですが昨日もTwitterで少しつぶやきましたが
日々忙しいエイトは相変わらずなるも
直近まで主演舞台をやっていた3人がいて
練習や仕込みやなんやがいつも以上に大変だったろうし
メトロックや冠音楽番組を経験している期待感や
今年はアンバサダーやなんやと肩に乗るものも大きくなり
表現する意義というか重みというか染み出すものというか
そうゆうものがズッシリきているような気がしてて
長年見てきた角度を勝手に変えていた私がいたのですが
エイトは変わらずエイトらしさ満開で見せてくれました。

出かける前にホテルで顔作成しながら見ていたマルプラで
「今までと編成が違って緊張しています」 
なんてコメントしていたから何やるんだろうと
不安と期待が入り混じってもいたけれど
それも含めてエイトがやりたいことが伝わってきたし
アイドルとして見たいと思ってることも網羅されていたし
そうゆう意思の疎通ができているようなセトリで
とても嬉しかった。

今のエイトだから、なるほどな〜と思うことや
そうきたか〜ワハハーってこともあるし
ああーーーこの曲をこうやってやってくれるのねーー
ってしびれることもあって単純に嬉しかった。
そして何より数ある曲の中で
メンバーが作詞作曲している曲がキラリと光っているのが
また嬉しいの。

そして個人的には自分がエイトの曲の中で
種類別それぞれで大好きだと思っている曲を
ガンガンやってくれたことで
エイトが今大切にしている曲もわかった気がして
それがまた重なってて嬉しい。

パンフ買って後から読んだけど
ライブへの純粋な想いが綴られていてよかった。
私、最近ちょっと雑誌から遠のいているので
久しぶりにじっくり文字でエイトを読めて新鮮でした。

ネタバレにならないエイトのビジュアル感想を書くと
忠義さんがソフト金髪になってて会場がざわついてたな。
ドラムでいつもの後ろからの送風機で髪がピョコンと立ってて
前にいた男性がそれを見て指差して笑っていたので
「後ろに送風機があるんですよ〜」って
言うの我慢するのに必死だったわ。

ヤスは長髪パーミーでメガネをかけてて優くんに似てた。
でもとにかく体が細くなってて
それがインテリロックな雰囲気を醸し出してて色気があったけれど
これからまたしっかり食べて体を戻して欲しいなとちょっと思う。

亮ちゃんは終始ご機嫌さん。
途中ギターで間違ったり声が出にくい箇所があって苦笑いしたり
ドラマオンエア日だったので
「帰ってドラマ見られたら見てねー」って叫んでて可愛いかった。

ヨコはぜーーーったいに門前さんの影響があって
声の出し方が変わった。優しい甘い響きに声量が加わって
なんか、歌い手としてたくましくなってた。

マルはマルプラ見ていたからか
初日の緊張感がここそこで感じられたけれど
自らの煽りでエイトを引っ張っている確かな自信が出ている気がして
堂々としていてすごくカッコよかったーー。

しんちゃんは自分のレコーディングに
しぶやんが遅くまで付き合い見守ってくれてたことが
とても嬉しそうで、それを照れながら語る二人が優しくてね。
某曲で軽やかに踊る様子がまた麗しくって
やっぱりダンスしているしんちゃんはアイドルでかっちょいい。

そしてしぶやんはいつも以上にカメラ目線が多かった気がする。
ちょっと顎を上げて目線を落としながらも
左側から全てを見透かすような色気ある表情にますます凄み。
なのにたまに幼稚園児のように目をくりくりさせて
口角だけ上げてポーズしたりもするから卑怯よね。

これまでも初日に参加したことはあるけれど
どの初日よりも整っていたようにも思う。
そしてこれからこのライブがどんなふうに熟していくのかも
また楽しみです。

セトリや細かい感想はまた大阪公演など見ながら
甘口辛口どちらもちょっとずつ言わせていただきますね。
     ↑あるのかよ

さーーエイトと過ごす暑い夏が
始まりましたよーーー
みんなーー仕事や家事、勉強頑張って
最高の状態でエイトに会いにいこーー!!

ちなみに、お友達に教えてもらって食べた
ロイズの板チョコパンが斬新で衝撃でしたが
美味しかったです。

image










∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞