∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

だけど三浦一門への入門希望

音楽に関わる内容にますます奥深くなるジャム。
マニアックに走りすぎてもその裏側や
こだわりが知れることでますます音楽表現に興味がわく。

先日は大好きな三浦大知くんがゲストで
私はあまり知らないがその世界では有名な方々がご出演で
一瞬、一瞬だけ大知くんをもっと掘り下げて欲しいなと思ったが
そんな雑念が一瞬で済んだのは
番組後半でそのゲストの皆さんが見せてくださった
即興ダンスにつながったからかもしれない。

最初は年代も違い、お互いジャンルも違うことで
ゲスト間のいらぬ気遣いを生んでしまうのではと思っていたが
お互いへのリスペクトやダンスを伝えようとする気持ちが噛み合い
その先にあったあの即興ダンスが
みなさんの技術以上に一体感を感じ取れた。

ダンスが単純にかっこいいことはもちろんのこと
技術を見せたがり激しすぎて見ている側は
わけがわからなくなるパターンもあり得ただろうに
人数を活かしての表現と緩急つけた流れが
お見事としか言いようがない。
細かい振り付けは避けたとしても
みんなでカッコよくグルグル回るところだけでも
エイトがいただけないものかと思った。

最後に最近ちまたで流行っているという簡単なポーズを入れて
キメてきたところがまたにくい。
そしてそこにキチンと乗っかって一緒にポーズをして
カメラの方々にその姿も押さえてくれと言った
しんちゃんの機転も流石だ。

個人的な好みと言われればそれまでだが
エイト以外のゲストで好感持てたことはほとんどないものの
以前大知くんにダンスを教わったことで「三浦一門」だと言い
試しでもエイトよりも登場して
可愛らしくダンスを習うしげおくんは可愛らしいし
その存在がまた番組を盛り上げてくれている。

だがもちろん、エイトにもダンスは激しく参考にして欲しい。
バンドやアーティストさんとの交流ばかりが期待されるが
同様にダンスもどんどん学んで取り入れて欲しいのだ。

だから今回も大知くんとのジャムでは
ダンス側ではなくバンドだったことが
また、一瞬、一瞬だけ残念に思っていた。
ついてはいけずともトライして欲しいと思っていた。
思っていたのに…あのダンサブルな「EXCITE」を
エイトが演奏して歌うとロックに大変身してしまい
その格好良さに改めて驚愕してしまった。

私は未だにエイトがバンドをやっていなければ
ここまで愛することは無かったろうと思っているが
たった数分のテレビの、しかも他の方のダンス曲で
そのエイトのバンド力に改めてオチるとは
どんだけなの。

シンプルなバンド編成、
ダンスと対峙するように向かい合いぶつけるバンドの音、
大知くんとは違うロックな歌を聴かせるしぶやんと
重ねていくメンバーの一音一音が確実で単純にうまい。

踊るエイトが見たいと願ってやまないのに
踊るエイトを期待した場で感動与えられて
喜んでしまうだなんて、どんだけなの…

ああ…でもどうかしげおくんの次でもいいから
エイトも三浦一門に入れてもらい
なんとか新たなダンス表現を学んで
バンドだけではないエイトの魅力を見せて欲しい。

ジャム様、どうかお願いしますだ。


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞