∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

本日もいい唄大漁

先日のジャムはすっかりおなじみとなった
ブーム前のアーティストさんのご紹介日。
ここで紹介された後にご本人の知名度が格段に上がるそうで
いつの間にかスターへの登竜門的コーナーになっているのが
我が関ジャニ∞の番組としてこそばゆい。←ちょっと威張ってる

以前はあまりにもそのお勧めされる特徴が濃厚すぎて
おばちゃんには受け入れられないレコメンもあったが
(レコメン=お勧めってことね)
回を重ねるごとに中には自分の琴線に触れることもあって
新しい発見をいただく喜びも感じられるようになった。

いかんせんエイトファンである私としては
エイトからのレコメンも聞きたいと思ってしまう。
以前はもう少しお気楽だったコーナーで
ヤスも皆さんに並んで紹介してくれていたが
あの時のようにそれを難しい言葉で説明しなくても
「好き」だけでいいし、この時にこんな風に聞いて感動した、
なんて生活の中での出会いを語りながらでもいいのにな、と
毎回つい思ってしまう諦めの悪さなのだ。

だがだんだんマニアックになっていく様子を見ると
あれだけの専門家の方と並んで理由を述べるのも難しく
説得力にもかけるかもしれないな、とすぐに期待もしぼむ。
まぁラジオで披露するのがジャニーズの限界なのかもしれない…
などと言いながら、iTunesで「オメでたい頭でなにより」さんの
「ダルマさんは転ばないっ」を取り込んだあたり
私もどっぷりジャムの罠にハマっているのだろう。

Mrs. GREEN APPLEさんとマルのジャムは
またまた秀逸なジャムが見られて大満足だった。
「なんですばるくんがいるのにマルちゃんが歌ってるの?」
と母に聞かれたが、我が母ながら誰にも気を使わない
ストレートでいい質問だ。

詳しくはわからないがそのチョイスがジャムの良さ。←適当
ミセスさんの曲との相性も考えてのマルだろうし
マルだからこその大森さんとのハーモニーが生まれ
しぶやんを従えてメインで歌うことでマルが一回り大きくなる。

おそらくマルはミセスさんの曲を聞き込んだだろう。
大森さんの伸びやかで涼やかな声に挑むことなく
マルの声は器用に素直に寄り添っていたように聞こえる。
そして私の大好きな「向き合い系」のセッティングがまた
マルの優しさを丸出しにしていたと思うぞ。

先日も「奇跡の人」のPVで輪になって歌っても良かったのに
なんて身勝手なこと言ったけれど
客席側ではなく共に緒に歌う相手に敬意を評し
目線を合わせながら歌に集中して一言一言刻んで
大切に歌う姿が好きなので今回も最高にしびれた。
目を合わせて微笑むマルにしびれも倍増だったね。

大森さんはさすがの声量と響きで
その存在感に圧倒された。素晴らしいグループだね。
マルにとっても素晴らしい経験になっただろうな。
また素敵なご縁が繋がると嬉しいと欲深くなってしまうが
せっかく出会った若い素敵なアーティストさんと共に
いい音楽を広げていけますように。

エイトでは縁の下の力持ち的にハモが多く
高音も低音も器用にこなすマルがメインで歌う場が増えることで
またエイトの振り幅が広がりますようにと願いながら
ミセスさんの「鯨の唄」をiTunesで取り込み終了。
本日も大漁ですわ。

ところで、エイトにもクジラとペンギンってマル歌い出しの
優しくて可愛い歌があるんですけど
どこかで披露できませんかね?


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞