∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

頭に咲いていた花はいつしか大きな木に植え代わり…

ヤスー!33歳のお誕生日おめでとう!

昨日はライブジャムのオーラスを福岡で迎えて
充実したお誕生日を迎えていることでしょう。

今年は「俺節」で渾身のコージを見せてもらいとても嬉しかったけれど
身も心も削って演じ何かを取り込もよりもむしろ
吐き出しすぎてヤスが壊れるんじゃないかと
勝手に心配になったりもしたけれど
ライブではこれまで以上に優しく笑ってどっしりと佇む様子に
ホッと一安心した覚えがあります。

ヤスが演じるコージが純粋で優しすぎて
夢や愛に傷つき悶える姿がどうしてもヤスと重なり
正直見ていてとても苦しくもなったけれど
そのコージを演じ終わると堂々とカンパニーを引っ張り
挨拶をするヤスが誇らしくて
安易に役と重ねてしまい本当のヤスの強さを疑った自分が
恥ずかしくもなりました。

ヤスの心は周りの雑事や思惑に振り回されないほどに
太い芯があってブレない。
だからこそみんなに優しくて本当の笑顔をくれるのよね。
ヤスのような人になりたいと思ったことがあるけれど
到底届かないし、それならばと疲れた時には
ヤスの優しさに大いに甘えさせてもらっている気がします。

頭にお花が咲いているなんて言ってた頃が懐かしいほど
もうその花は木に植え代わり大きな幹になっていると思うよ。
私たちはその木によじ登り爽やかな風を感じたり
見えないはずの遠くの景色をみせてもらっているのかもね。

曲を作ることも演じることもまだまだこれから。
自分の中に有り余る才能が表現しきれず
爆発しそうになっているんじゃないかとも思う。
なんなら曲についてはヤス作のアルバムを
一枚作ってもらってもいいぞ。
ソロコンでヤスワールドを全開してもらってもいい。

演技は舞台でもドラマでも映画でも何でもいいから
これまでのようにアイドル枠にとらわれることなく
こちらが驚くような役に貪欲に取り組んで欲しい。
今のうちに「何でもできる子ヤス」のアダ名通りの
運動神経を発揮して
アクションを見せて欲しいとも実は思ってもいる。

全てに突出しているのにヤスという人間は丸く柔らかく
だけど芯が強く太い本当に不思議な人。
身近で手が触れそうなのに
その輝きは神々しくて眩しくて直視もできない。
そんなヤスの心込めた表現に
これからも触れらることを幸せに思いながら
ずっとずっとついていきます。

身体だけは気をつけて
やりたいことやって頭の中浮かぶもの全部吐き出して
これからもヤスらしく私たちに微笑んでいてね。

ヤスの人生が誰にも邪魔されることなく
自由に無限に広がっていきますように。

そしてそれをいつまでも見ていられますように…


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞