∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

タモさん、17時からしか見てなくてごめんなさい

タモリさん、ごめん。
10時間越えのウルトラFESだけど
案の定17時以降のエイト目当てで見始めた。
それでも元気ソングって縛りで一般の方にインタビューして
なかなかスタジオにいるゲストの話が聞けないのが残念で
ちょっぴりモヤモヤしながら拝見したよ。

関西出身同士でジャニストくんと対決すると聞いて
対決ってなんじゃいとネットがざわついていたけれど
歌う順番が並んでいるくらいだろうってこちらも心積もりをして
それでも特に親しい彼らと絡めるのは楽しみにしていたよ。

そうゆう目でみれば
これまで関西からきたガツガツしてるだけだったエイトが
すっかり先輩の貫禄もでていることも顕著で喜ばしい。
ヤスの髪がちょっと長めのスマッシュボブになって
可愛さが溢れていてキュンキュンしたし
前回は振りを間違えてお母さんに言われたエピソードも
まさか三十路男の発言とは思えないほど愛しくて
クゥー、ヤスーって悶えたよ。

「今」も締めとしてライブジャムで歌いこなしてきて
ステップも軽やかでとてもキラキラしていて
私の中ではもちろん対決というならば圧勝だった。

ジャニストくんの歌い終わり辺りで後ろにずらっと並び
そんなエイトに気を使いながら曲紹介してはけていく彼らも可愛くて
手を振るヤスやちょっといじるしんちゃん等
お互いの関係性も見えて微笑ましかったし満足はしたんだけど
17時以降からみたからかね、エイトの持ち時間が短く感じてならない。

しっかり単独で時間をもらえてる嵐様はさすがだし
対決とはいえバンドやメドレーで聞かせる
TOKIO兄さんやV兄さんとは明らかに何かが違う。

まだまだってことだよなぁ。
それでもいつもの大阪色強い曲ではなくて
「今」を歌えたことは大きな進歩なんだろうなぁ。
しかもシングルカットされていないのに歌えるのは
ニセ明さんのおかげもあるかなぁ。ただでさえ長いのを端折って
「奇跡の人」を歌うより良かったかなぁ。

亮ちゃんがシゲちゃんと仲良くて
一緒に新喜劇見に行ってるって微笑ましいこと披露してくれていたけれど
どうせならトーク部分の時間をもっともらって
しんちゃんとデッセマッセのラジオの話とかも聞きたかったなんて贅沢かな。
対決縛りならばベタだけど浜ちゃんとマルの一発ギャグ対決とか
神ちゃんとヤスのオシャレ対決なんかもできるよっていうのもワガママかね。

…とこんな風に関西だからこその関係性と他番組での関わりを
もっとトークで披露できたら良かったのに…思うものの
つい城島リーダーがレコメンにゲストで来てくださった時に
デッセマッセに関ジャニ∞と同じではダメだよな的な話を
グイグイしておられたことがふいに思い出される。

こうしてジャニーズだけが事務所縛りでコーナーできるのもすごいけれど
同じようなのが出て来たな、って言われている間はダメなんだろうね。
そして比べられている先輩側も簡単に超えられたらそこで終わり。

他のグループとの違いを意識して作ってる間は無理があるし
それよりは自然の流れでグループなりにやりたいことをやっていって
力と魅力にしていくしかないんだろうな。
そう思うとエイトはうまく紡いでいけたし
グループとして冠番組が多いことも
バンドが武器になっていることも強い…

…なんの話だっけ…
ウルトラFESを17時からしか見てなくて
タモリさん、ごめんね、って話だった。
おそらく今後も放送時間は微妙に延びていくだろうけれど
その時はぜひエイトがダンスかバンドかをガッツリお見せできる時間を
これまでよりちょっぴり長めにいただけるように彼らも頑張ります。

さて。今朝は亮ちゃんの映画「羊の木」の映像を
めざましでも見られてホクホク。
*公式サイトコチラ

2018年2月3日公開が決まってそうだけれど
初めてのサスペンスにソワソワしているとコメントしていた亮ちゃん同様に
昼休みに何度も特報再生しては
ファンも待ちきれずにソワソワしてます。

亮ちゃんの新境地となる素晴らしい作品になりますように。


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞