∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

「綿戸亮」

せっかくの季節に雨の週末。
台風も近づいているということで
こうなりゃもう家に閉じこもりだなと思いながら
サタプラ見てました。

マルのドアップから始まったサタプラ。
プラ〜スと言いながらのジャンプがないことに
なかなか慣れないが、いつまでもウダウダ言わずに
早めに順応したいとも思っている。

なので楽しかった感想をとにかく持ち出すと
やはり新コーナーの「マルのここがわからん」。
毎回マルの疑問がピックアップされるが
「マルのここがわからん」をジェスチャーするマルが
照れてフワフワしていて土曜日の朝にピッタリ。

その疑問をマル自身がイラストで表現してくれるのだが
今回は選挙で名前を間違ったらどうなるかという疑問に
「うちの錦戸亮は」と言いながら「錦」の文字が
よく書き間違えられて「綿戸」になるという例を
なんと絵にしてくれたのだ。

それがコチラ。
fullsizeoutput_2232

戸亮」はキラキラした男前だが
綿戸亮」はヘアーが綿になっているらしく
「ワター!!」って書いてある手の込みよう。

ファンだから甘いと言われればそれまでだが
手足が異様に伸びた軟体動物のような絵も含めて
描かれる独特のタッチに目が離せない。
また絵だけではなく本人はわかりやすくするためか
コメントや効果音を言葉で書いているのだが
それがまたトンチキで絵柄のクセの強さを増す。

この絵柄を「うちの錦戸亮と言いながら出されると
目にも耳にも刺激的。本当にいい土曜日の朝だわ。

今日はその他大変可愛かったのが
旅で○×クイズをするコーナで
花の蜜についてクイズを出している映像に向かって
何度も「ミッツマングロ〜ブ」と呟いたマル。

気に入ったんだろうね「ミッツマングロ〜ブ」が。
特に触れられることもなくスルーされたけれど
これだからワイプも見逃せないから困る。

モナリザルーブル公認で模写された画家の方に
肖像画を描いていただき大感激のマルだが
褒められたら照れて嬉しさを表現しにくいのと同様
あまりの嬉しさに恐縮し、困惑が襲いかかってきた模様。
でも玄関に飾りたいが賃貸なのでと添えたところが
マルらしくていいよ、いいよ。

でも今日も書き残したいのが
もちろん番組MCとして大切にしていただくのも嬉しいが
プレゼント渡したりや名前を出すだけの扱いではなく
ぜひロケに行ったり難しい進行を担当するなど
どんどん丸山隆平を貪欲に使って頂きたい。
本人のスケジュールが無理のない程度に。

アイドル扱いしすぎて祭り上げられるより
汗かいてチャレンジしてこそいいところでますし
せっかくの土曜日の朝の帯番組ですから
マルが体験してこその情報を伝えて欲しい。

ぜひ。


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞