∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

エビのしっぽはしごき取る

ちょうど祝日だった先週23日は木曜日で
大ヨコヤマクッキングにマルがゲストで来た日。
なので久々にオンタイムでヒルナンを楽しんだが
先に申し上げておくとマルゲストのコーナーが終わった後は
後ほど録画再生して見た。いや、わざわざ申し上げなくても良かったか。

以前亮ちゃんが来た時も楽しかったが
今回のマルは亮ちゃんの時より二人の仲良し度が増して見えた。
それはどうやら亮ちゃんの時は亮ちゃん一人に目玉焼きを作らせたが
今回は二人で協力してエビフライを作るという
なかなかに難易度高いトライを行ったことが二人の一体感を見せ
また、助言できずに黙ってみている周りと反比例して
二人の親密度が増してるように見えたためだろう。

どこか照れているようにも見える二人だが
マルは出過ぎず、ヨコはマルを引き立てながら
二人の初めてのエビフライ作りがスタートすると
周りに大勢人がいるにもかかわらず
先ほども申し上げた通り、その大勢が二人に話しかけられない分
二人は二人っきりの雰囲気を作り出してゆく。

それはいつもなら「誰も何も言ってくれない」と不服を言うヨコが
それを全く問題しておらず、もうマルしか見えていない。
マルも2年もこのコーナーをやっているというヨコに全幅の信頼をおき
油の温度を菜箸で計る様子に感心したりしている。

だがさすがに卵を二つ使って割るいつもの技は
メンバーのTV出演をなるべく見ているマルには既出の技で
それでもドヤ顔で行うヨコを傷つけないように
何とも言えない顔で受け止めたマルの顔が何とも言えなかった。

ヨコもいつも以上に絶好調。
これまでの経験を活かしてクイズを切り抜けているが
残念ながらエビが縮まないように切り込みを入れる方法を間違った結果
クルリーンと丸まってしまったエビを見て
彼(エビ)はきっとエビチリになりたかったのだろうとエビの気持ちを慮る。

自分たちが作ったクルリーンと丸まったエビフライを食べると
クルリーンと丸まっているからかうまい具合に
タルタルが口周りに付き二人の美味しい表情も満点で
久々に生ヒルナンを楽しませてもらった。

あーでもないこーでもない言いながら料理をする姿は稀で
ぜひとも今後も定期的にエイトをゲストで呼んでもらうか
もしくはいずれ来るであろうヨコのヒルナン卒業を機に
ヨッコーさんの美肌クッキング的な番組を作って
独立させて頂きたいほどだがどうだろう。

あまりのおいしさにエビフライをパクついたが
しっぽには驚くほどに汚れが付いていたことを知りショックを受ける二人は
今後「エビのしっぽはしごき取る」を教訓にするらしい。愛い奴らめ。

その他、時短で作ったタンドリーチキンを食べてそのおいしさのあまり
「タンドリーチキンやで!!」と叫んだヨコも可愛かったが
マルのダジャレに愛想笑いしたゆうこりんに丁寧に頭を下げたり
マルの映画の無理矢理な宣伝に付き合って下さったゆうこりん
また丁寧に頭を下げたりと終始保護者だったヨコにも萌えた。

ああ。今回ペコジャニでプレゼンだけではなく
料理をする忠義さんもステキだった。
ぜひ慣れない手つきでお料理するエイトの姿も
引き続き見せていただきたい。


∞ブログ更新のお知らせは
Twitterでも行なっていますので
お気軽にフォローミー∞