∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

モテないスケベはただのスケベ

先日のジャム。
歌い手さんがおらずプロデューサーだけという
どう考えても素人にはわからない曲作りの裏話をして
「へー」と言わせることに味をしめた番組が編み出した
新しいゲストの呼び方としか思えない配置。

おかげで大変興味深く面白いが
ほぼ意味が分からない時間が続き
それでも説明して下さるとなんとなく理解もできて
音楽がわかった気になりそうになる自分も恐ろしい。
なんとなくね。

エイトでも曲作りをしているヤスや亮ちゃんは
大変参考にもなったろう。ここで感心なのが
我が我がならしゃしゃり出そうなところを
うちの子たちはお話に聞き入るばかりで
全く自己主張せずゲストを引き立てる。

亮ちゃんはバクナンさんの人気曲で
自分もイントロのベル部分の不協和音に
気づいていたのを聞かれて初めて声を出す程度。
「自分も作曲してまして」なんて絡みではなく
話題にさりげなくピリリと存在感を出すあたりが
結果的にはさすが亮ちゃん、うちのエースたる所以。

しかも気にせずともブレスができているのだろうと
アイドルなるも歌唱力を評価されて
しっかりと褒められるようなしぶやんがヤスと共に
音楽プロデューサーのテクニックを
「やらしい。そらモテるわと」はやしたて
モテませんと言われると
「モテないスケベはただのスケベ」と名言はくあたり
しぶやんらしすぎて嬉しくなる。

関ジャニ∞らしさ」とはこうゆうところなのだろうな。
冠音楽番組で有名プロデューサーが来ても
自分たちの技術には触れずにお話を聞きながら
ここぞというところで面白いこと言ってくるところ。
蔦谷さんも爆笑しながら大喜びして下さるのを見るとつい
もしかしたら今度「モテないスケベはただのスケベ」
なんて曲を作って下さるんじゃないかと期待してしまう。

タイトルがゲスだがここはあえて
ヒャダイン氏ではなく蔦谷さんにお願いしたい。
なぜならタイトルからは想像できないような
オサレなナンバーを作ってほしいと思いたくなるほどに
蔦谷さんはオサレな曲を作ってきておられることに感銘したのだ。

そしてそんなオサレPと関われるチャンスが
エイトに少しでも増えるようにして頂けると嬉しい。
芸人さんやタレントさんがゲストで増えると
発言回数も少なくなりええところでなくなるから
今回のように美人女性タレントさんを置くことは
放送時間帯的にもしかたがないが
ぜひ最少人数に抑えて頂きたい。

じゃないと忠義さんのように番組初っ端に
「プロデューサーさんはなんで歌手の人と恋愛になるんですか」
のようにぶっこんで行くしか切り込む手段がなくなる。
それはゲストさんにとっても危険なアタックを撃ち込まれ
困ることになると思うのだ。

ぜひ彼らに自由な時間を!フリートークタイムを!

蔦谷さんが作られたYUKIさんの「JOY」は
女性曲ならではのかわいさを
YUKIさんはいないけれど世界観を壊さないように歌いたい」
という亮ちゃんんの心こもった気持ちが歌にも表情にも現れ
とてもとても可愛らしい曲に仕上がったと思う。

いつもなら少し渋い顔をして右眉をあげるところも
口元が笑っている。
演奏タイミングを待つしんちゃんの
口に空気を含んでぷくっとさせる表情を抜いた
カメラワークも素晴らしい。ヤスバのコーラスは
できればもっと二人一緒でハモるようなのが聞きたかったが
二人が口を大きく開けてはっきり「アー」と
重ねていく声もかわいらしかった。

OKがかかるまでの沈黙の間に
「こんなかわいらしいバンド曲が欲しい」と
強く思ってしまった。
ロックではないがポップなバンド曲でも
今のエイトならエイトらしさを存分に出して
仕上げられるだろう。

なのでぜひ、蔦谷さん、
しぶやんの出来上がっているブレスも利かせられるような
オサレな一曲をぜひともお願いします。



エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。