∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

一線を画するアイドルの夏曲

昨日のレンジャー覗いて
いよいよ新曲プロモも始まっているようで
リサイタルも含めて夏がやってくる実感がじわじわ。
新曲も待たされた分期待が高まり
盛り上がりはかなり激しい。

新曲「罪と夏」はラジオでも流れ始めていて
これを自分がどう歌い、乗り、合いの手を入れられるのかと
具体的に想像するだけでウキウキとまるで
自分の新曲のように捉えている愚かなアラフォー。
でも曲がライブでの観客をも意識していて
単に夏のアイドル曲ではないことを感じさせるから
とても嬉しいのよ。

というのもおばちゃん、
ここんところジャニの他グループの新曲が
どれも同じに聞こえてくるんよ、もう末期。
できました新曲です、と言われてPV見ても
一瞬どのグループかわからず目を凝らして
メンバーを確認しないとわからない有様。

まぁ他のグループのこと気にするつもりもないし
さすがに長年ジャニファンやってきてても
エイトがあまりにも他とは一線を画するから
こんなことはなかったんだけど
今回は多人数グループがカーニバル調な感じで
華やかに歌っている映像が多い気がするのよね。

これも派閥とやらが無くなったからなのかしら、違うか。
子供だと思っていた他グループのアイドルたちが
大人になり表現がまとまってきたからなのかしら。
なんとなくエイトも一瞬わからないくらいの
同じような夏曲だったらどうしようなんて
ちょっと不安だったのよね。

そうしたら、この「罪と夏」ですよ。
エイトの夏はこう!と満を持して出された
勢いを存分に感じます。

エイトらしさって単純に捉えられそうだけど
元気とか楽しいとか、そうじゃないんすよ。
そうゆうのを能面に一方的に伝えるのではなく
ちゃんとその先に聞いている人がいるの感じて
歌ったり表現したりするんすよ。
だから元気や楽しさが誰よりも伝わるんすよ。
まだラジオでしか聴いてないけれどね、わかるんすよ。

ま、それがファンの欲目でもあるんだけど
「罪と夏」を聴いてやっぱり他とは一線を画した
アイドルの夏曲になっているのを感じたし
エイトらしい響きや男臭さもどこかあるし
それをラジオ越しに感じられたのが嬉しくね。

あーエイトらしい夏曲だーーってとても嬉しい。

発売前なので貸しや曲調など
詳しい表現は控えすぎましたが
とにかく夏にワクワクしております。
発売、まだまだ先だけどね。
ちなみに出費が激しいので今回は店頭抽選諦めて
ネットで購入予定です。

ところで…しぶやんが髪を切りたいと呟いているのが
心配でならない。
誰か、彼のバリカン隠してきてーー


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。