∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

連休の予定はライブ申込み業務です

待ちに待ったライブ申込みがやってきましたね。
「4月下旬」と聞いていたものの、待ち遠しすぎて
一般的に「下旬」はいつなのか検索したアホな私ですが
そんな人がいるのがわかっているかのように
26日(金)からの申し込み開始を
22日(月)に知らせてくれた事務所に感謝しています。

5月8日(水)までが申込期限なので
連休中ずっと申込みのことを考えさせられる状況に
「罪な男たちだな」と思わずニヤニヤしましたが
こんな風にエイト主体で振り回される感覚自体が
ものすごく久しぶりな気がして、とっても快感です。

そりゃ各地の曜日や時間設定もまちまちで
慣れた行き易さが全くない日程なのも気になるけれど
ライブに行けるだけでいいや、とも思う。
その設定の曖昧さが未だ不安にもさせるけれど
この緊張感を楽しめるくらいの気持ちでいたいもんです。

はー、本当にこんな嬉しい感覚、お久しぶりだわー。
関ジャニ∞としての塊をこんなにも欲していたんだと
改めて実感中…もちろん冠番組は変わらずあったし
個人のお仕事も順調で楽しんではいたけれど
6人がまとまっている姿を待っているんだよね。

後輩プロデュースとかMC番組とか
年相応のお仕事が増えるのも今後にとっては大切だし
それは重々わかってはいるものの
年齢を重ね苦労してこその彼らを楽しみにしているのに
「いつまでもアイドルはかわいそう」という一般意見が
ネットでも多く見られるのがつらくてつらくて
勝手に傷ついていた今日この頃なのです。←バカチン

いつまでもキラキラしている彼らを欲するのが
そんなに悪いのか。
ファンがアイドルとして彼らを見たがるのは
わがままでしかないのか…
彼らがアイドルとしての表現に限界を感じたり
らしさを見失って辛くなった時は無理強いせず
彼らのその時の気持ちを受け入れる覚悟だけれど
彼らが「付いてきて」と言ってくれる限りは
どうなろうと、何があろうと、ついていくつもりです。

でも正直言うとこの数カ月の間に
その思いが少し揺らぎそうになる時もあって
エイトへの気持ちが減ったのかなーとも思ったし
そんな気持ちのままブログを書くのも悲しくて
ついサボり気味になっていたこともお許しください。
でも引き続きサボり気味にもなりますがお許しください。

ライブに行って、満たされましょう!
その為には、ちゃんと座席確保しなくちゃね。

少しでも平等に、みんなが当選して
関ジャニ∞をめいっぱい楽しめますように。
小さな不安が、大きく打ち消されますように。