∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

リサイタル鑑賞の感想〜愛にかたまりすぎて困る

今日からいよいよしぶやんのソロコンが
スタートするのですね!!
スバラジでも「歌ったことのない曲を歌う」
なんてサラリと言ってたし
きっと濃いくて熱いライブになるんだろうなー。
グッズを買いに行けるなら行きたいなー
とは思うのですが切なくなるかもしれないし
↑弱いな 成り行きに任せようかと思っています。

さて、リサイタルの感想も記録しておきたく
先日改めて気合い入れて再生しました。
ブルーレイのメニュー画面だしたまま
PCピコピコ触ってそのまま放置してたら
メニュー画面にデッカイ蟹が生まれて
驚きました。みなさん、ご存知でしたか?

キャラ達が吹き飛ばされたり
宇宙船にずんだがさらわれるのは知ってたけど…
キャラたちが重なって大きなピラミッドとなり
キラーンと光ると大きな蟹が生成
それが美味しそうなの。特に爪部分が。
いや、濃厚ミソも詰まってそう。
この濃厚ミソが詰まった甲羅に日本酒入れて
飲んだら美味しいんだろうなーって…
あれれー…またリサイタルの感想言う前に
蟹ミソの話メインになってしまうー

リサイタルはツイでもよく呟くのですが
とにかく「愛のかたまり」リピ率が激しすぎて
自分でも困っています。疲れた夜、暇な休日、
眠る前の癒しに見ちゃうの。
山田のキンキ様が素晴らしいことは
カヴァコラとか十祭でわかっていましたけれど
これは絶品。二人のハーモニーが染み込んでくる。
二人の凄さを感じてます。聞くたびに。

それに比べてお近づきメドレーの再生回数の低さよ。
なんでしょうねぇ、自分がファンサを受けた時は
あれほどに幸せで、友人のファンサも嬉しいのに
見知らぬ人との距離の近さにムーとなるのは。
でもそれが正直な気持ちでいいと思うのよ。
だからって他人を傷つけたいとは思わないし
攻撃するような人間にもなりたくないしね。
わざわざ固定で見なくてもいいかな、って感じかな。

そう、あのマルチアングルね…
相変わらずマルチアングルについての考え方が
作る側と見る側であっていない気がする…
私にはぐるナイで名前を呼ばれる前に
祈るそれぞれの姿が画面分割されてるのと
同じにしか見えないのが残念です…

ああーーアカンアカン、こんなワガママばかり
言ってちゃ。そんなワガママ言ってたって
リサイタルは何度も見ちゃうの。

私の印象に残った場面の切り取りを羅列します。
とりあえずHGTB以外の歌メインでいきます。

・「がむしゃら」で「石橋叩いて〜」のところで
ヤスの方向いて石橋叩くマネする忠義さん
・ハートをがっちり掴みます〜と言ってる
ヨコの掴もうとする手の動きが…ムフ
・「おまっとさんでした」でキチンと笑いを取るヤス
・その「おまっとさんでした」をキチンと天丼するしんちゃん
・しぶやんの黒から白への帽子チェンジを
実況する亮ちゃんが強火すぎる
・アイドルってなんだろうって考えたら
腕についたヒラヒラ
・そのヒラヒラがピンクの照明に照らされて眩しい
・そのヒラヒラをカメラにヒラヒラするしぶやん
・そのヒラヒラをトロッコの外側に垂らして
移動する忠義さん
工藤静香様の「嵐の素顔」ダンスする山田とヨコ
・tornのファンタスティポの残念なカメラアングル
・tornのラストを思い起こさせる亮ちゃんの「アー」
・「愛のかたまり」のヤスの天才的なハモり
・「愛のかたまり」のマルの素直な歌声
・「愛のかたまり」の背中合わせで目を閉じて歌う
ヤスと歌い終わりにマイク離す時のマルの表情
・「君だけに」の「銀河に変わるよ〜」の時の
しんちゃんの銀河を表すような手のヒラヒラ
・そして歌い終わって降りていく3人
・「青いイナズマ」の「焼き尽くす」でのマルウィンク
・エヴィヴァディゴー!でハゲズラ見せるヨコの躍動感
・「ナポリタン」で絶えずサイドの客席に手を振る亮ちゃん
岩盤浴に入っているかのような汗が吹きでるヨコ
・マル、同じく汗で鼻の下がテカテカ
・汗だくなのに驚異的なジャンプ力を見せるヨコ
・このナポリタンの食べ過ぎで忠義氏は
不腸になったのではと思わせる疑惑
・もっと亮ちゃんを強い子だと思っていたしぶやん
・「ほんまか?」「うそやん」が言いたいだけのしぶやん

…長くなり過ぎた…最初に関係ない話しすぎた…
というとこで、HGTBを含めて
次回もろもろ後半に続きます。多分。

私、今日も寝る前に愛のかたまり見てます、多分。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。