∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行くエイトを追う

初笑いはタカツキングのサクラップ

ノットエイターの友人から
「村上くんに初笑いさせてもらった」
という全く同じセリフのLINEが
3通来るという奇跡を経験したお正月。
そしてそれに対して
関ジャニ∞にとってタカツキングは通常営業です」
「ライブではスケスケ衣装お借りして歌いました」
をコピペして3人に返信。

タカツキング?」という疑問が返って来た人には
説明が足りんかったと反省するも面倒なので
「高槻出身なので」とだけ返しておいたが
今度十祭をお渡ししてみようかと思うが
果たして喜んでくれるだろうか。

そんな一般人をも笑顔にさせたカウコンだが
紅白と同じメンバーカラーを無視した混迷するお衣装で
同じ「なぐりガキBEAT」を歌い登場したエイト。
「スベり知らずのこのグループ」という太一先輩の
ハードルが高いがありがたい紹介が嬉しい。

やはりこの曲はヨコの美しさが光る。
自らの映画主題歌であることを意識しており
最後はグループを引っ張り美しく決めることを
忘れずキメてくれる。
そしてそろそろ疲れも出て肌も荒れる時間帯なのに
なにこのほのかに白く光るもち肌。

だからあなた化粧品なに使ってんのよ。
2018年は男性がマジで使用して勧める女性用化粧品のCMが
来てもいいんじゃないかとマジで思ってる5秒前。

シャッフルメドレーでは亀梨くんとセンターを張り
やる気を出しすぎないしぶさを醸し出す亮ちゃん。
最後のポージングで前にいたやる気ですぎる塚ちゃんを
なにかしらいじったようで笑い合う二人が可愛いが
ずっと隣で歌っていた亮ちゃん大好き神ちゃんの
感想もぜひ聞きたいところ。

しぶやんはトロッコに乗ってうわさのキッス。
二人ずつが楽しそうに歌う中
誰とも絡まずカメラに向かって、いやその向こうの
自分を見つめる婦女子(腐女子じゃない方ね)に向かって
突き刺すような目線を初送りして来た。ああ恐ろしい。

ヨコのTroublemakerはアイドルスイッチがオンされ
さりげなくウィンクしたように見えたが錯覚か。
やはりどの方より潤う肌が美しく
本気で化粧品CM企画を出したい。
女性を癒す役割の「薬用ビューネ」ではなく
自らの美しさを憧れとして全面に押し出す「SK-II」系だ。

ヤスはなんと岡本親子、リーダー、長瀬くんと並び
男闘呼組の名曲を演奏。
いよいよジャニーズを代表するギターリストの仲間入りしたと
言わせていただいていもいいだろう。

ジャムでも素晴らしいギター奏者を拝見してきたが
やはりジャニーズのギターリスト達が
激しく演奏する様子が見られるのは感慨深い。
そしてその中にヤスがいる…
あ…前方に歌うしんちゃんもいた…

ファンタスティポはシャッフルメドレーであるはずなのに
ご本人の太一くんがいらっしゃり
その横で忠義さんがキラキラ歌うという奇跡が起こった。

そりゃ亮ちゃんとのファンタスティポも良かったが
ご本人の真横で歌い踊れるのもファンタスティック。
先輩のバックで踊ることが少なかったエイトだが
ライブで普段から取り入れている先輩の曲だからこそ
ご一緒にキラキラ踊れる奇跡が起こる。
これぞジャニーズエンターテイメントだな。
あ…そしてその左側に歌うマルもいた…

冒頭申し上げた通り他グループチェンジメドレーでは
サクラップを完全関西弁で再現したタカツキングに
会場がどよめいた。
あまりの衝撃だったようだが
エイターにとっては全くの通常営業だ。

血管切れそうになりながら息継ぎ無視してラップする
タカツキングもすごいが
エイトの歌のクオリティも褒めて欲しいと思っていると
後ろから紅白から駆けつけた嵐様がドドーンと登場し
これがやはりアイドルなのだな感心した。

かっこいい。そして存在感がすごい。
だが間に合わなかったニノを思って
ジャニーズ全体がニノ面を持って讃える様子が微笑ましいのに
ライブオーラスに腸問題で不在だった忠義さんのうちわを
皆で持って少しでも寂しさを満たそうとしたあの日を思い出し
切なくなったのも事実だ。

そんなセンチな気持ちも
吹き飛ばしてくれたワンワンシックス。
羽織袴でワンワンシックスのその2として
「イケメンナンバーワンを目指すワン」と宣言し
相葉ちゃんと翔様の間でテンション上がったか
可愛らしくはしゃぎ、はしゃぎすぎて段を滑り落ち
歌っていたのにラブホリ先輩がすかさずフォロー、
戻ってきたしんちゃんに突っ込む相葉ちゃんと翔様までが
豪華で新年にふさわしい華やかさ。

ありがたいなー。これぞやはりジャニーズエンターテイメント。
久しぶりにエイトの被り物が見たいとか
少し企画が薄いのではないかとか
途中までちょっとした不満もあったが
結果、しんちゃんが大いに満たしてくれた。

タカツキングをジャニーズ全体に披露してしまったが
もうエイターだけで隠し持っておけるものでもなかったか。
それならば、翌日見せたNHK WORLDの素晴らしい司会など
しんちゃんの振り幅の広さを測れる計測用として
みんなの記録用ディスクに深く刻まれることを祈っている。

あ、「SONGS OF TOKYO」のNHK総合での放送は
1/8(月)だそうなので忘れずに。

www.nhk.or.jp


ちょっとだけ寂しさもあるけれど
世界にひびけ、関ジャニ∞の音と心意気。