∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

兵庫で生まれた女やさかい

師匠だけがべーさんにお会いしてないってことで
サプライズで登場したキラアフ。
なんだか、ベーさんとヨコ二人が通常なのに
なんとなく寂しく感じてしまうなんて
なんてあたしって欲張りなのかしら。
ついつい「あのあたりに座ってたのねー」と
客席を寂しく見てしまったわ。

しっかりして、あたし!
思い出せ!ヨコが初登場した時のときめきを!
もう師匠のグレーゾーンはきっと
今年のライブで拝めるはずよ。
もう少しの辛抱よ。

でも、きっとヨコも寂しかったのか
先週も師匠と行った海外旅行の話してたわね。
といっても、おなじみの話だけど。
師匠は人見知りだし、自分からあんまり話しかけないのに
海外では意外と大胆で頼りになるってヨコはべた褒め。

でも「エクスキューズミー」て
万国どこでも通じるはずのご挨拶が
ヨコが言ったら通じないのはなんでだろう。
やっぱりカタカナ苦手だからかな。
エクスキュズーミ、とかおかしな言い方してるのか?
あまりの小銭で紙幣に変えて欲しいからって
「ペーパーチェンジ」って発想も素晴らしい。
テーブルナプキンとか変えられそうだよね。

とにかく師匠は「すんまへーん」と店員を呼び
これは前に話してた表現だけど
じゃらじゃらした小銭を渡しながら、
「これ、変えて、わかるな。はい、行って!」と指示し
見事紙幣になって返って来たそうな。
そして言った「大阪弁は万国共通やねんで」は
いまだに語り継がれる名言です。

そういえば、海外でメニュー頼むときに
隣の席で食べてるメニューが美味しそうだけど
それが言えなくてヨコがあきらめてたら
師匠が「あれ!あれちょうだい!」と指差し大阪弁で言って
見事に運ばれてきた…とも言ってた気がする。
師匠、お見事です。

しかし、キラアフで話すことが
大抵のエイターにとってはおなじみの話で
またかー的に聞いてたんだけど
改めてべーさんという芸能界の重鎮に話しているという
感動も出てきた。
だって、横山3兄弟の話をべーさんにしてるのよ?
レコメンやエイトライブじゃなくてよ?すごいよね。

そして毎回自然と出てくるしんちゃんの話。
とうとうセブンのしんちゃんうちわも登場して
「歌は気持ちやで!」と思っているエピソードを
ヨコがうちわ持ちながら語ってたのみて
それだけでもうれしかったわ。

師匠がすば散歩で「亮」て書いたうちわを持った時と
同様の感動よ。

そんな、ステキなわれらのボーカリスト、(無理やりつなげた)
ついにエイター念願の
カラオケ仕分に参戦が公式に発表されました!
イヤッホー!!!
待ってたよー。この時を待ってたよー。

BOROさんの「大阪で生まれた女」という曲で
「大阪人にとって世代を超えてさまざまな思い入れがある超名曲」
ってサイトに書いているけど
あの「大阪でー生まれたー女やさかいー」だよね?
…残念ながらアラフォーなあたしも大して思い入れはないけど
それはあたしが兵庫県生まれだから?

師匠が魂込めて歌ってくれたであろうカラオケ!
代表として出る気合も緊張も感じられる。
もー今から楽しみでしかたないです。
正座して聞くわよ。
心して聞け、エイター。

…全然関係ないけど、グレーゾーンってうちわもってたら
脇見せファンサ、してくれるかな…


応援して下さりありがとうございます。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼

ジャニーズブログランキング