∞の庵

満身創痍でも先で笑って待つ男たちを追う

ごめんね少年(大阪初日ですがネタバレ無しです)

昨日の大阪公演初日も
大変楽しく幸せな時間でした。
昨日はアンコール1度のみで
ちょっぴり寂しかったなーと
わがまま思いながら電車にのり、
そういえば今日はレコメンやーん
と思ってアプリ起動させたら
なんとさっきライブにいたヒナマルが
数分遅れでラジオに登場してるじゃ
ないですか。 もー…驚きました。
ライブ後、速攻大阪のラジオ局に
移動して1時までレコメンてー…

仕事終わりに京セラいって
はしゃぎ疲れ、明日仕事嫌やなー
なんて思ってた自分が恥ずかしい。
ごめんねヒナマル。明日からまた
頑張ろうとおかげで思えました。
ありがとうヒナマル。

そういえば昔47の時だったか
あちこちのラジオ局から
レコメンやってたっけー…
最近ではベスア?だったかを
神戸の会場でやってたかなんかで
大阪だか神戸のラジオ局からも
やってたなー…さっきまでTVに
出てたのにーなんて感心したっけ。

ライブみて帰り道にラジオ聞いて
なんて贅沢な幸せな時間だろう…
でも二人の体調は大丈夫だろうか…
などと思いつつ、帰宅後に速攻
お風呂にドボン。布団に入りながら
12時過ぎにライブの話聞いてるうち
気付いたら寝てました。起きたら
朝でした。てへ。

ああ…ヒナマルが少しでもどこかで
休み取れてゆっくりできますように…

ところで昨日のライブでの出来事。
ネタバレ無しの私のつまんない話、
聞いてくれます?何でもない話
なんですけどね…
昨日は平日なので
仕事が終わってから猛ダッシュして
友人と席で合流して、開始前から
ワーワー盛り上がっておりました。

するとナゼか視線を感じるので
振り向くと、ななめ後ろにいた
小学生の少年がじっとこちらを
見ているのです。

なんだ?会社帰りな上に仮装等は
一切しない私はどこからどうみても
普通のアラフォーOL。
何が彼のアンテナにかかったのだ?
と思っていると、彼の目線はどうやら
私が抱えているカバンの中の
大量のうちわのよう。

ははーん、うちわは1本が普通と
思っているんやな。でもこれ、
かなり少なくして5本やねん。
少年はうちわを大量に持つ女と
目が合うと、見てはいけないものを
見るような困ったような顔をしたけど
それがまた大変可愛らしい。

そしてライブ始まって気付いたが
その少年とお母様とご友人?で
どうやら今回初参戦。彼はとても
緊張しているようでしんちゃんが
「お子様エイター!」て言った時に
クルッと振り向いて様子をみると
恥かしそうにペンラをフリフリして
ニコニコしているが声がでとらん。

自分ではなくうちわに注目されていた
という大きな勘違いがあったとはいえ
ライブ前に目と目で会話するという
交流があった(と思いこんでいる)ため、
名前は存じ上げないが私にとっては
すでに彼は他人ではない。
「エイトのライブ、全力で楽しむべし」
の精神がムクムクと生じ、
よせばいいのに「声出しちゃえー」と
彼をあの警棒クラスのペンラで
つんつんとつついちゃったんです。
ご家族が横にいらっしゃるのに。

途中からは私も彼の存在は
ほぼ忘れていたけどことある毎に
視線を感じる…例えば…
古い曲のフリとか複数回見て覚えた
新しい曲のフリとか…踊っている時は
特に視線を感じた気がする。
こいつ全力か?と思ってたのかな。

でもまぁそれもよかろう。
踊る時はうちわも全て手放し
精一杯踊るアラフォーを見て
ヲタの生きざまを見るが良い…
とも思っておりました。

でね、最後しんちゃんの
「お子様エイターにも拍手をー」で
私は彼に向かって敬意を払い
盛大な拍手を送ったの。そしたら彼、
すごく照れてくれてね、いい感じ♪
だったと思ったんだけど…

規制退場待ちでブラブラ座っていると
彼のご家族が彼のことを
「疲れたらしい」といっているのが
聞こえてきて…なんか色々と
責任を感じました。

ジャニーズの初ライブ。ただでさえ
バカになることを進められ、
前列斜め前のアラフォーが
お手本のようにバカになっている
おかしな様子をみて、ちょいちょいその
アラフォーに振り返られつつかれたら
そりゃ疲れるわ…。

ごめんね少年。
あれだけ振り返ってたのにこの時ばかりは
罪悪感から振り返るのをやめました。
でもこれがエイトのライブ。
知らない人と手を繋ぎ輪になった直後に
降り注いでくる銀テープを取り合うのが
人生というもの。色々学んでくれてると
いいな。いや、私達には銀テは
飛んでこなかったな。

さて、私、今日も人生を学びに
京セラへ向かいます。

今日はどんな出会いができるかしら。


エイト愛が自分勝手でごめんなさい。
拍手コメントもいつも嬉しく拝見してます‼
ジャニーズブログランキング

Twitterもやってます。
お気軽にフォローミー。