∞の庵

這い上がった先に開けた王道を堂々と行く6人を追う

エイトビリヤード、レギュラー番組化熱望

このところ山ほどのメディア露出で
人気番組のゲスト出演もあるなか、
群を抜いてお気に入りになったのが
MJのエイトビリヤード。
あの短さで、あれだけ面白いって
関パニを彷彿とさせる満足感。
やっぱりエイトに求めているのは
こうゆうことやな、と改めて思いました。

個人的に好きなのは
まず、全員で何かに挑戦していること。
しかも対戦で、ポイントは
ヨコと忠義さんが分けられていること。
この二人、基本負けず嫌いで狡いから
チームで分けておくと自然に面白いことが
生まれるのよね。

ほら、思い出してごらん?
ジャニ勉で箱の中味はなんじゃろなしたら
遠くから中見ようとするヨコ。
同様に、関パニのお弁当対決で
後ろに下がって隣のチームを覗き込んだ忠義さん。

私の中ではコス山同様、コス倉でもあるのよね。

師匠が江辺さんをえべっさんと早速名付けたり、
嬉しそうに亮ちゃんがえべっさんの顔覗き込んだり、
忠義さんが「関ジャニ×3、パヒューム」順にするゆうたり、
マルが真剣な顔すると口が空いたり、
しんちゃんが台のヘリにへばりつき、
いつもの自信満々で自らをすでにスター発言したり…

しかし、なんと言っても尺の足りないヤス。
最後のラッキーショットにお助け棒を使い、
(しかも棒の名前間違ってたし)
持ってると長すぎて角度によっては
口に頬張る恵方巻きのように見え、
みんなに突っ込まれて訳がわからなくなり涙を流し、
雫が台にこぼれてしんちゃんにどつかれ、
子供のように涙を吹いてトライしたのに
外してしまい、振り返ったら忠義さんにどつかれ…

なのにまさかの、安定した見切れにより
振りかぶった腕しか映っていない忠義さん。
相変わらずの見切れぶり。
見事です。

もー、傑作だわ。
今もまたリピしたい。
こうゆうのがみたいのよね、
みんなで単純なことを
わちゃわちゃ言いながらやるの。

マルはボールの大きさに関わらず
安定して球技が下手。
真剣になればなるほどおかしくなる。
師匠は常におっさん発言するけど
たまに見せる可愛さとのギャップ。

ヨコは意外に格好つけているが
イマイチ決めきれず、トータルボヤいてる。
しんちゃんはヨコがいると、
しっかり者に見えて生まれつきのど天然を発揮。

亮ちゃんははしゃぐが、やはり決めきれず
ふてくされるも、メンバーの言動にニヤニヤ。
忠義さんは的確なツッコミをいれるのに
ほぼ声だけで、映っていない。

そして、オモチャにされてヤスは天使となる…
だって、両足浮いてしまうもんな。

でもヨコクラのようにビリヤード上手くて
格好良さも時折見せることも忘れないのね。

ほんじゃにでもビリヤード、やってたなー
と保存を掘り起こしたい衝動にかられるも
録画時間と編集が恐ろしく、我慢中。

NHK様、明日はどっちだに続き、
エイトのビリヤード、
レギュラー番組にしてもらえませんかねぇ。
短い時間で、いい仕事しますよ。
新しいNHKのトビラ、開きますよ!


応援して下さりありがとうございます!!
拍手、コメントなどもいただけるようになり感激です。

ジャニーズブログランキング